レーザー治療には鎮痛・殺菌・消毒・止血・消炎など治療に対して多くの利点があります。通常の治療に加えて、レーザー治療を併用することで、短期間に症状を治療でき、麻酔や鎮痛剤等薬の使用量を減らせるので、妊娠中の方やアレルギー体質の方にも安心して治療ができます。

当院では歯肉炎・歯周炎、口内炎、知覚過敏、ホワイトニング、歯肉や小帯などの切除、歯肉のメラニン(着色)除去、抜歯後の止血、その他痛みがあるとき等 に使用します。

歯周病でのレーザー治療

放置しておくと歯が抜けてしまう程の症状の方に、レーザーで歯肉の切開や歯周ポケットの殺菌・消炎おこない治療します。レーザーを使用することで、短期間での治療がおこなえます。また、痛みや出血もなく治療を行えます。

ただし、歯周病を根本的に治すには正しいブラッシングや歯石除去が必要です。当院ではこれらのプラークコントロールも合わせてご指導します。

知覚過敏のレーザー治療

歯の表面にレーザー照射をおこない、歯の表面に薄い膜がつくり歯の神経につながる穴ををふさぎます。歯の神経に直接刺激させなくすることで、歯の痛み、歯がしみることを防ぎます。

口内炎治療のレーザー治療

いつまでも治らない口内炎も、レーザーによって乾燥させて痛みをなくし、早めに治すことができます。すぐに痛みがやわらぎ、ほとんど1、2回の治療で完治します。 義歯による傷口の殺菌にも効果的です。
診療時間
 
ページトップへ